データを使う  › プロダクト/アルゴリズム
AMSRやAMSR-Eのデータを利用するために、プロダクトやアルゴリズムの概要と、データ取得方法や利用可能なツールについて紹介します。

プロダクト/アルゴリズム

1. プロダクト

AMSR/AMSR-Eの標準プロダクトは、所定の検証期間を経た後、地球観測センター(Earth Observation Center: EOC)から一般研究配布を行います。EORCでは、より研究的なプロダクトの作成・配布や、切り出し画像提供などのユーザサービスを行う予定です。NASA AMSR-Eサイエンスチームも独自の高次処理システムを持ち、AMSR-Eの物理量プロダクトを作成します。最終的により良いプロダクトを作り出すために、日米双方でアルゴリズム開発を並行して行っています。
AMSR/AMSR-E データリリースのページへ
利用可能なプロダクト
Level1A(ラジオメトリック、幾何情報が添付された工学値データ)
Level1B(輝度温度変換済みデータ)
Level1B Map(輝度温度変換済み地図投影データ)
Level2(Level1から算出した地球物理量データ)
Level2 Map(Level2プロダクトを地図投影したデータ)
Level3(Level1及びLevel2データを時空間的に平均化し地図投影したデータ)
AMSR-E低速回転データ

プロダクトレベル定義
AMSR/AMSR-Eの標準プロダクトは、下記のレベル毎に作成されます。
レベル1A 観測装置により取得される工学値が格納されます。AMSR/AMSR-Eの場合は、受信機からの出力電圧をA/D変換した結果のカウント値がこれに相当します。同時に、衛星の姿勢や観測装置の状態など、後段の処理を行うために必要なデータも含まれます。地図投影は行わず、観測されたままの形式で格納されます。
レベル1B 観測装置により取得される基本的な観測量が格納されます。AMSR/AMSR-Eの場合は輝度温度がこれに相当します。データの位置情報や品質に関する情報が付加されます。地図投影は行わず、観測されたままの形式で格納されます。
レベル2 物理量推定アルゴリズムを介して算出された地球物理量が格納されます。データの位置情報や品質に関する情報が付加されます。地図投影は行わず、観測されたままの形式で格納されます。
レベル3 地球物理量の時間・空間的な平均値を、全球規模で地図投影したものです。AMSR/AMSR-Eでは輝度温度およびそれぞれの物理量について、日および月平均の全球分布を作成します(海氷など存在地域が限られるものについては、極域付近を切り出します)。

レベル1Bおよび2に関しては、地図投影を行ったMAPプロダクトがあります。
この他、気象庁などの特定機関に対して専用線経由で即時提供を行う準リアルタイムプロダクトは、気象予報や漁業などの業務に活用されます。

地球物理量
レベル2及び3プロダクトとして、以下の地球物理量プロダクトを作成します。研究プロダクトについては、アルゴリズム改良・検証を行い、一般配布可能と判断した時点で標準プロダクトへ移行する予定です。

標準プロダクト
地球物理量名 領域 ダイナミック
レンジ
目標精度  
積算水蒸気量 (可降水量) 全球海洋上1) 0-70kg/m2 3.5kg/m2 鉛直方向に積算されたカラム水蒸気量
積算雲水量 全球海洋上1) 0-1.0 kg/m2 0.05kg/m2 鉛直方向に積算されたカラム雲水量
降水強度(量) 全球海洋上2) 0-20mm/h 10% 地表面降水強度に換算
海上風速 全球海洋上1) 0-30m/s 1.5m/s  
海面水温 全球海洋上1) -2-35 deg. C 0.5 deg. C 雲域下でも推定が可能
海氷密接度 両極域およびオホーツク海等 0-100% 10%  
積雪水量 森林地域を除く陸域 T.B.D. 20% or 10m
(積雪水量)
20% or 5cm
(積雪深)
 
土壌水分量
(AMSR-Eのみ)
氷床域、高密度森林域を除く陸域 T.B.D. T.B.D.  
1) 海氷域・降水域を除く 2) 海氷域を除く
標準プロダクト利用上の注意事項
AMSR Level1バージョン1.0 AMSR-E Level1バージョン1.0
輝度温度 輝度温度

AMSR Level2バージョン1.0 AMSR-E Level2バージョン2.0
AMSR-E Level2バージョン1.0

研究プロダクト
土壌水分量(AMSRのみ) 裸地及び草原域
AMSR-E低速回転データ

2. 地球物理量推定アルゴリズム

AMSR/AMSR-Eの物理量推定アルゴリズムは、AMSRセンサチームにおけるアルゴリズム比較評価プロセスを経て選ばれてきました。比較評価の方法は地球物理量毎に異なりますが、主にSpecial Sensor Microwave/Imager (SSM/I: 米国軍事気象衛星搭載のマイクロ波放射計)等の既存観測装置データから各アルゴリズムで求めた推定値と、地上・航空機による実測値との比較を行いました。SSM/I等に無い周波数帯を用いる地球物理量については、打ち上げ後の検証期間に実データを用いて比較評価を行い、最終決定を行います。定常利用段階に入ったあとも、比較評価を継続してアルゴリズムの改良を行っていきます。
各アルゴリズムの担当主任研究者は以下の通りです。

AMSR/AMSR-Eのアルゴリズム
物理量 標準アルゴリズム 研究アルゴリズム
標準プロダクト 積算水蒸気量 竹内義明 -
積算雲水量 F. Wentz -
降水強度 G. Liu G. Petty
海上風速 柴田彰 -
海面水温 柴田彰 F. Wentz
海氷密接度 J. Comiso -
積雪水量 A. Chang 小池俊雄
土壌水分量
(AMSR-Eのみ)
小池俊雄 E. Njoku, T. Jackson,
S. Paloscia
研究プロダクト 土壌水分量
(AMSRのみ)
- E. Njoku, T. Jackson,
S. Paloscia,小池俊雄
アルゴリズム記述書 (PDF: 1.5MB)