凡例
  • N=0


GPMクイックルックについて

GPMクイックルックは、GPM主衛星及びTRMM衛星で観測した標準データ、ならびにGPM全球降水マップ(GSMaP)を画像化し、それぞれをレイヤ情報としてGoogle Maps上に重ねて表示できるようにしたページです。 最新画像だけではなく、過去の画像も検索して表示することが出来ます。

用語の定義

最新画像 GPM主衛星搭載のKuPRの最新画像を表示します。
最新の台風 台風(ハリケーン、サイクロン含む)が発生している場合、その軌跡、位置、勢力情報を表示します。 自動的に台風の場所に表示領域が移動し、発生地点が広範囲にまたがる場合は全球表示になります。
表示レイヤリセット 複数のレイヤを一度に非表示にします。
マッチアップ地点 GPM主衛星とTRMM衛星の観測地点が半径200㎞以内で、かつ観測時刻が10分以内の場所をマッチアップ地点とします。
マッチアップカウント マッチアップ地点をカウントした総数です。カウント数はDailyでのものになります。カウントが0の日もあります。
降水域マッチアップ KuPRの降水域を検出し、その降水域の中心から半径10度以内にマッチアップ地点があった場合、降水域マッチアップエリアとしています。
時刻情報 衛星の観測時刻情報(衛星直下)を、マーカーで表示します。
マーカーをクリック、またはマウスを上に持ってくると時刻情報、衛星の軌道番号、マッチアップがあった場合はその距離を表示します。

画面の説明

使い方

  1. 表示したい日時(世界時)を選択して決定
  2. ※時間選択リストの一番上にDaily(その日のすべての観測画像を表示)がある。
    ※GSMaPのカテゴリにはDailyデータは存在しない。

  3. 表示したい物理量を選択
  4. 複数選択可能。選択した順に上に重なっていく。一番上に表示したい画像は最後に選択する。

トラブルシューティング